イラスト作成のご依頼と料金についてはこちら

都会と田舎の違いやメリット・デメリットは?仕事・お金・人間関係について

ビル 転勤族の生活や全国各地の事情
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
MAYUK0
MAYUK0

どうもどうも。

MAYUK0です。

ここ数年、若者の田舎移住が流行っています。

そんな方々をみていると、皆さん根っからの都会人なんだなぁと思ったり、

そんなに甘くないよと正直思ってしまいます。

なぜなら私は、合併しても人口が3万人にしかならない田舎出身者だからです。

そして、社会人になってからは、東京都港区を中心に大都会で働いていました。

今では、全国各地を転々とする転勤族の妻。

政令指定都市も住んでいましたし、各地の違いメリット・デメリットを

よく知っています。

この記事では、そんな私がお話する

  • 田舎と都会の違い
  • 田舎のメリットとデメリット
  • 都会のメリットとデメリット

について詳しくまとめています。

遊びで行くのと住むのでは大きな違いがありますので、

もし、これから田舎に引っ越しを考えている、またはその逆の方は、

自分に合っているか照らし合わせてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

都会と田舎の違いリスト

都会と田舎の違いって何だろう?

そんなに違うものなのかな?

という事で、リストを見てみましょう!

※都会と田舎と言っても、どのぐらいのレベルかにもよると思います。

今回わたしが基準とするのは、都会は東京23区や大阪市、田舎は人口3〜15万人程です。

  • 電車やバスなどの公共交通機関
  • 人付き合い
  • 情報量やスピード
  • 遊び方
  • 経験値、知識量
  • 職種や給料

ざっとあげると、こんな感じです。

では詳しくお話していきます!

都会と田舎の電車やバスなどの公共交通機関の違い

日本の地下鉄の写真

都会は公共交通機関が整っている

東京23区ほどの都会は、車がなくても移動ができます。

地下鉄、JR、私鉄に加え、バスも網羅されていて、

本数も多いので時刻表がいらないレベルです。

大阪市は東京と比較すると不便ではありますが、車がなくても移動は可能です。

私は大阪に住んでいて車が必要な時は、

カーシェアやレンタカーを年に数回利用します。

あとは、自転車や公共交通機関で足りています。

田舎は車所有が必須

田舎の場合は、車所有が基本になります。

一家に1台では済まず、1人1台無いと仕事に行けません。

学生時代は、親や知り合いに車を出してもらったり、

1時間に1本の電車に乗ったりします。

免許を取り車を買う事は、田舎の必須です。

都会と田舎の人付き合いは全くの別物

心

都会の人付き合い

都会の場合は、集合住宅に住んでいると、どんな人が住んでいるのかすら知りません。

エレベーターで顔を合わせたら挨拶する程度で、余計な話はしません。

プライベートで外食やお出かけをして、

知り合いに遭遇する事は、ほとんどありません。

(趣味が同じや学生寮生活などの場合は、出くわす事もある)

大阪だとフレンドリーな人が多いので、東京よりは心の距離感は近い事もあります。

ですが、基本的に相手の事を知りつくす程の関係は、

親しくならなければ知り得ないのが前提です

田舎の人付き合い

田舎は人口が少ないので、ご近所との付き合いが密です。

町内会や組という更に狭いコミュニティーが存在し、

順番に組長の役が回ってきたりします。

近所の人がどこの会社に勤めているのか?知っているのが普通です。

プライベートで外食やお出かけをしても、1人は知っている人に出くわします。

会いたくない人にも出くわします。まるで、監視社会です。

私はこの人付き合いが苦しくて、田舎が合いませんでした。

都会と田舎の情報量やスピードの違い

パソコンと日記帳

今ではインターネットが普及したので、

田舎でも遅れは取らない地域も増えたと思います。

私が学生の頃は、都会なら電波があるけど田舎は無いというのがありました。

今は、田舎に住んでいても自ら情報を取りに行く人ならば、

都会の情報量とスピードにはついて行けると思います。

その人の行動次第。

ですが、ファッションや食べ物などの物流に関しては、遅いと思います。

都会と田舎の遊び方の違い

ビル

都会の遊び方

都会は、お店やコミュニティー、ありとあらゆる物が揃っています。

ですので、自分の好きな遊びができます。選択肢が幅広いです。

遊びに限らず学びの場も多いので、休みの日に

意識の高い人ならお勉強会に参加する事もできます。

お買い物も、安いものから高いものまで何でもあります。

田舎の遊び方

娯楽がほとんどありません。

カラオケやアミューズメントパークがあっても1件2件。

しまいに潰れる場合も。

温泉が定番の遊びになったり、山に出かける、海に出かけるが主な遊び方です。

ちょっと気の利いたお店に買い物に行きたい若者なら、何十キロ何百キロも離れた都市部に

行ったりします。

都会と田舎の経験値・知識量には差がある

ビジネス

先ほどの遊び方も含めた話になりますが、施設や人、物が無いので、

都会と田舎では経験値と知識量が大きく変わってしまいます。

私には、かなり恐ろしい事だと感じているのですが、

成長を求めない気質の方もいるのも、この世の事実なんですよね。

私は人生の半分(子供の頃)を田舎、残りの半分を都会で過ごしてきました。

今では、田舎にいた頃の知り合いとは全く話が合いません。

何故合わないのか?

その理由は、経験値と知識量です。

都会では、様々なお勉強会やセミナーが開催されています。

習い事も豊富です。

レストランも、世界各国の食べ物やミシュラン獲得のお店があります。

物もハイブランドが揃っています。

そこに飾られているディスプレイ1つとっても勉強になります。

つまり、一流の仕事が見れる環境があります。

さらに、知識人が多いので人から学ぶ事も多いです。

田舎では無いので経験ができません。

教えてくれる人もいません。

ですので、都会と田舎では格差があるのは事実で、

話が合わなくなってしまうのも普通の事だと思います。

都会と田舎の職種と給料の違い

財布

都会は仕事の選択肢は幅広い・給料も高い

都会は、ありとあらゆる職種があります。

例えば、パイロット・ハイブランドの店員・IT系エンジニアなど。

逆に農家や水産業は都会のど真ん中ではありません。

職種の選択肢が幅広いので、転職を考える事もできます。

自らの能力が高ければ、ヘッドハンティングもあります。

つまり、お給料が高い会社につける可能性が出てきます。

平均的なお給料も、都会は田舎よりも遥かに高いです。

田舎の仕事

働き先が限られます。

特に職種に至っては、工場勤務が定番。

選択肢の幅がとてつもなく狭いです。

そしてどこに勤めても、都会程のお給料がもらえるところは、ほぼありません。

田舎で雇われの身でお金持ちを目指したいのであれば、不可能に近いです。

田舎に住むメリット

メリット

残念ながらメリットは少ないです…

  • 渋滞個所は限られている
  • 選択肢が少ないので、出かける時やレストラン選びなど悩まないので時短
  • サマースポーツやウインタースポーツが好きな人には最高
  • 家庭菜園が好きならできる
  • 山や海に食べ物を取りに行ける
  • 海のある県ならスーパーのお魚でもそれなりに美味しい
  • 渋滞がない

田舎に住むデメリット・あるある

デメリット

田舎暮らしは、デメリットの方が多いです。

  • 人からの監視はつきもの
  • 嫌いな人に出くわす
  • 自分の勤め先やプライベート情報は漏れる
  • 噂話や無益な話が会話のメイン
  • 日々の生活で刺激がない
  • 新しい事(都会では普通)やお勉強会をすると怪しい事をしてると思われる
  • 車の維持費がかかる
  • 車に乗る事で、保険料もかかる
  • 車に乗る事で死亡確率が上がる
  • 寒い田舎の場合、光熱費が都会の何倍もかかる
  • 虫が多い
  • 給料が安いが生活費も都会とあまり変わらない
  • 交通費がかさむ(都会なら定期があるので休日も使える)

都会に住むメリット

メリット

  • 仕事が色々選べる
  • 給料が高い
  • 安いものから高いものまである
  • 車を持たなければ、交通費は安く住む(定期があるので休日も使える)
  • 人間関係が嫌なら逃げ場は作れる
  • プライベートで知り合いに出くわさない
  • 学びの場や出会いの場が多い
  • 高みを目指す環境がある
  • とりあえず、なんでもあるので経験できる

都会に住むデメリット

デメリット

都会のデメリットは混雑がメインです。

  • 渋滞がある
  • 電車は混んでいる、時間帯によっては満員電車
  • どこに行っても人は比較的多い
  • 誘惑が多い
  • ゆるく仕事はできない
  • 通勤に時間がかかる場合もある
  • 家賃や駐車場が高い

都会と田舎の違いのまとめ

都会と田舎の違いをまとめると、

  • 人との関わり合い

田舎より都会の方が広くて浅い。

深い付き合いが好きな人は、そういう仲間も作れる。

人付き合いや、狭いコミュニティーが苦手な人には、田舎は病んでしまう。

なぜなら、監視されたり情報が筒抜けだから。

  • お金

田舎は収入が少ないが生活コストも都会とあまり変わらないのが実情。

理由は、車の維持費と光熱費の高さ。

食材もそんなに大きくは変わらない。

別荘地や避暑地などの田舎の場合、レストランの価格は、

観光客価格で高い事もある。

大きくは変わるものは、家賃や駐車場代。

  • 経験値と知識量

高みを目指したい人や変化や刺激を求める人は、断然都会が向いている。

新しい事や変わった事をチャレンジしようとしても、田舎にはチャンスがない。

そして、周りの人が噂話や足を引っ張る事が多々ある。

  • 人混み

都会に人の多さはつきもの。時間帯や場所を変えれば、多少は避けれる。

以上、都会と田舎の違い、メリット・デメリットでした。

数十年後には、地球全体の人類は、ほぼ都会に集まると言われています。

(中田敦彦さんのYouTube大学情報より)

その理由は確かに、比較すると納得してしまう気がします…

ただ、人の生まれ持った気質によっては、田舎に合う方がいますので、

その見極めが大事だと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

中期・長期投資をしながら絵とブログを書いてる転勤族の妻。
HSS型HSP気質で生きづらさを感じる中、転勤とブログやデジタル画は、むいていると思っています。
・ブログ歴3年
・デジタル画歴3年
・投資歴8年
・42都道府県制覇
・年4~5回国内旅行
・年に1~2回海外旅行

全国のグルメ情報・旅情報・絵に関してのことならお任せください!
その他、ワードプレスを使ったブログの操作方法・Illustrator・NFT・投資についても書いています。

MAYUK0をフォローする
転勤族の生活や全国各地の事情
スポンサーリンク
MAYUK0をフォローする
MAYUK0 ILLUSTRATION
タイトルとURLをコピーしました