イラスト作成のご依頼と料金についてはこちら

1度は見てみたい、ベタ踏み坂の江島大橋!撮影スポットはここがベスト!実際の勾配は?

江島大橋 国内旅行
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
MAYUK0
MAYUK0

どうもどうも。

MAYUK0です。

日本にある奇妙な景色…

そのひとつに挙げられるのが、江島大橋だと思ってます。

ダイハツタントカスタムのCMで使われた事がきっかけで、一躍有名に。

私もいつか見てみたいなぁと思っていました。

ついにこの目で確かめるチャンス到来‼︎行ってきました~。

この記事では、

  • 江島大橋とはなんぞや?
  • 実際に渡ってみた感想
  • どこからがゆっくり見れるの?
  • 写真を撮るならどこがベスト?

このような質問を解決しております。

では、怪奇な橋を見ていきましょう。

私の鳥取・島根旅のプランも参考にどうぞ!

鳥取・島根、2泊3日、車の旅
1日目: 大阪発車で鳥取へ〜村上水産駅前店で猛者海老ランチ〜鳥取砂丘〜三徳山〜三朝温泉 依山楼岩崎
2日目: 倉吉白壁土蔵群〜富んや境港店で牛コツラーメン~水木しげるロード〜江島大橋〜出雲大社

3日目:松江城~道の駅めぐりをしながら帰宅
スポンサーリンク

江島大橋とはなんぞや?

テレビやSNSなどで、本当??と疑いたくなるような急こう配の橋を見たことは

ないですか?

私は、初めて写真で見た時、合成だと思っていました(笑)

それがこちら↓

江島大橋

引用元:しまね観光ナビ

正式な名前は江島大橋ですが、またの名をベタ踏み坂と呼ばれています。

ですが、実際はそんなに踏み込む必要もなく登れます。

勾配は、6.1%。

1番高い所で高さ45m。コンクリート製の橋では日本一のPCラーメン橋との事です。

写真の撮り方によって見え方が変わるので、本当??って思うような映像に見えます。

実際に写真を撮ってみると、撮り方によって見え方が変わるなぁと思いました。

ですが、壮大で長くて、高い所まで登りきるのは確かで、あまり江島大橋のような

橋には出くわさないので、行ってみる価値はあります。

江島大橋を実際渡ってみた感想

私は鳥取県側から島根県にむかって、江島大橋を通過しました。

橋が目の前に出てきた時は、すごい迫力でワクワク。

渡る前は、やはりかなりの勾配があるように見え、橋の長さも長いなぁと思いましたが、

実際登り始めてしまうと、あんまり勾配は気にならなかったです。

登り切ったところからの景色はすごく見晴らしがよくて、気持ちが良いこと。

人も通行可能なので、勾配を利用してランニングやウォーキングをしている方も

チラホラ見かけましたよ。

スポンサーリンク

江島大橋をゆっくり眺められる場所は?

鳥取県側から島根県に向かって江島大橋を渡る場合、

渡り切った左手に、ファミリーマートがあります。

この駐車場はとても広いので、こちらに車を停めて見学できます。

境港管理組合のホームページにも、江島大橋にお越しの際は、

「ファミリーマート江島大橋店」をご利用ください。と書かれているので、

安心して停めて問題ないです。

江島大橋の撮影スポット

ファミリーマート江島大橋店に車を停め、写真撮影に向かいます。

標識の棒が邪魔だったり、なんだかベストポジションが見つからない・・・

そんなあちこち徘徊した私でしたが、ベストポジションを見つけました。

ファミリーマート江島大橋店の前から撮影なんですが、橋に向かって左側の歩道からが

ベストです。

そこから撮った写真がこんな。(PIXTAさんで販売しています。)

95338595

(c)Mayuko画像素材 PIXTA –

お天気がいまいちだったのが残念でしたが、この位置からですと、

安全に撮影もできました。

是非、鳥取や島根に行った際は、江島大橋を通過してみてください。

近くの観光のスポットは、水木しげるロードがありますよ。

あとは、鳥取の牛骨ラーメンの、富んや 境港店もすごく美味しくておすすめです↓

鳥取、牛コツラーメン

住所:〒684-0043 鳥取県境港市竹内町3583−22

にほんブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
この記事を書いた人

中期・長期投資をしながら絵とブログを書いてる転勤族の妻。
HSS型HSP気質で生きづらさを感じる中、転勤とブログやデジタル画は、むいていると思っています。
・ブログ歴3年
・デジタル画歴3年
・投資歴8年
・42都道府県制覇
・年4~5回国内旅行
・年に1~2回海外旅行

全国のグルメ情報・旅情報・絵に関してのことならお任せください!
その他、ワードプレスを使ったブログの操作方法・Illustrator・NFT・投資についても書いています。

MAYUK0をフォローする
国内旅行
スポンサーリンク
MAYUK0をフォローする
MAYUK0 ILLUSTRATION
タイトルとURLをコピーしました