イラスト作成のご依頼と料金についてはこちら

ホテル&リゾーツ長浜 バイキング・温泉・レイクビューの口コミ感想

国内旅行
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
MAYUK0
MAYUK0

どうもどうも。

MAYUK0です。

滋賀といえば、琵琶湖!

今まで滋賀県には、日帰りや立ち寄り観光で行った事はありましたが、宿泊は初めて。

広い琵琶湖。

どのエリアに泊まろうか?と悩みましたが、

せっかくなので行ったことのない長浜市にある、ホテル&リゾーツ長浜に

宿泊してきました。

この記事では、ホテル&リゾーツ 長浜 -DAIWA ROYAL HOTEL-

  • バイキングレストラン
  • 温泉
  • お部屋
  • 周辺の観光

について、私の口コミ感想をまとめています。

また、良かった点と悪かった点とあったので、参考にしていただければ幸いです。

レイクビューの眺めの良いホテルなので、景色を見ながら食事ができ、

露天風呂は茶褐色の温泉。

プールもあるので、夏場はお子様連れの方に、おすすめです!

私の旅のプランも参考にどうぞ!

長浜・竹生島・彦根 1泊2日、車の旅
1日目: 大阪発 カーシェア利用で長浜へ〜黒壁スクエア〜ホテル&リゾーツ 長浜 -DAIWA ROYAL HOTEL-
2日目: 朝散歩で長浜城~竹生島〜つるやパン~彦根城
スポンサーリンク

長浜の観光に便利なホテル&リゾーツ長浜

琵琶湖に観光に行こう!

今回は奥琵琶湖の長浜を検討しているけど、どんな観光があるのかな?

有名どころをピックアップしてみました。

  • 黒壁スクエア
  • ヤンマーミュージアム
  • 竹生島
  • 長浜城
  • 伊吹山
  • 大阪方面からの場合、彦根城など

この辺りの観光を考えている方におすすめの宿は、

ホテル&リゾーツ 長浜 -DAIWA ROYAL HOTEL-です。

理由は、断トツ立地が良くて便利だから!!

ホテル宿泊者ならなんと、30時間の駐車場が可能です。

500円支払い代わりに、500円分の売店でのお買い物券がもらえるので実質タダ。

黒壁スクエア・ヤンマーミュージアム・竹生島行きフェリー乗り場・長浜城とすべて、

徒歩圏内なので、車を駐車したままお出かけ出来ちゃいます。

一応、駐車台数が150台と限られているので、遅く到着にならないように

した方が無難です。

ホテル&リゾーツ長浜のアクセス

車の写真

車の場合

大阪から:約125㎞ 1時間半

名古屋から:約80㎞ 1時間

金沢から:約170㎞ 2時間

電車の場合

東京から:約2時間45分

新大阪から:約1時間

大阪から:1時間半

金沢から:約2時間

詳しくは、ホテル&リゾーツ 長浜へのアクセス方法からご確認できます。

ホテル&リゾーツ長浜レイクビューのお部屋からの眺め

今回わたしは、ハリウッドツインのレイクビューのお部屋を予約しました。(11階)

清潔に保たれていました。

洗面所。ドライヤー、くし、歯ブラシ、カミソリが備えられていました。

お手洗い。

お部屋からの眺めは、こんな感じ↓

目の前に長浜城。すぐ横は、琵琶湖です。

(この日は、厚い雲に覆われていたので映えずにすみません。)

穏やかな琵琶湖の景色は、ずっと見てられます☆

ホテル&リゾーツ長浜の夕食と朝食 バイキング

夕食と朝食ともに、バイキング形式でした。(場所は2階。)

スタートが17時半から。混むかなぁと思い、スタートに合わせて向かいましたが、

この日は、18時半ごろから混み始めていました。

お料理が無くなるという事は無いので、先に席の確保がおすすめです!

3部屋用意されていて、そのうち2部屋がレイクビューのお部屋でした。

※レイクビューのお部屋は、料理が置いてある部屋ではないので、ほんの少し歩きます。

お好みで、好きな場所を確保してみてください!

因みに、私はレイクビューの席にしました。

サンセットが見れるので、個人的にはおすすめです♡

(座席が反射して写っていてすみません。)

さて。。。

お料理の話に移ります!!

バイキングのお料理は、とっても豊富。

和・洋・中すべて揃っていて悩むほどです。なので、食べたい物優先で取りましょう。

※写真は、私が食べたいものに偏っています(笑)

他には、鶏肉のお料理や和食も豊富にありました。

近江牛のローストビーフ☆ソースは、3種類あり、お好みでかけれます。

ミニ肉まんと中華ちまき。

デザートもありすぎて、全部は食べれない。

なので、カラフルドーナツと、ケーキをいただきました。

他には、自分で作る綿あめやソフトクリームなどもありました。

お酒が飲みたい方は、追加2000円で90分の飲み放題が頼めます。
(セルフで用意)

会場の受付でお願いすればOKです。

続いて、朝食です。

こちらも、会場は2階でバイキング形式。

和食・洋食ともに豊富。

変わり種で、ミニハンバーガーなんかもありましたよ。

お味は、夕食も朝食も美味しかったです。

あれだけのメニューを用意されているのは、かなりの高ポイントだと思います☆

ホテル&リゾーツ長浜のお風呂 温泉の感想

お風呂は、お部屋にもついていましたが、

1階に温泉があったので、そちらを利用しました。

バスタオルはお部屋から持っていきましょう。

脱衣場には、鍵付きのロッカーとただのかごと2種類ありました。

貴重品がある方は、鍵付きを利用すると良いです。

洗い場はそれなりに数はあるのですが、お部屋の数が多いだけあって、

時間が重なると洗い場の空きを待っている方もいました。

(内風呂は、温泉ではなく普通のお風呂で、サウナもあり。)

外には、茶褐色の温泉。

写真引用元:ホテル&リゾーツ長浜

真夏のとても暑い時期だったので、私は、サッと入って終わり。

涼しい時期や寒い時期なら、お風呂の温度は心地よいと思います。

清潔に保たれていたので、心地よく利用する事が出来ました。

ホテル&リゾーツ長浜の良かった点

メリット

個人的に良かったと思った4点を、取り上げたいと思います。

  • 宿泊の場合、駐車場に30時間停められる
  • ウェルカムドリンクが時間内なら飲み放題
  • バイキングのメニューが豊富
  • 立地が最高

宿泊の場合、駐車場に30時間停められる

ホテル&リゾーツ 長浜 -DAIWA ROYAL HOTEL-に宿泊でお車の場合、

専用駐車場に30時間駐車できます。

私は13時半ごろ到着し、徒歩で黒壁スクエアを観光しに向かいました。

翌日は、午前中に竹生島観光をし、出庫が13時半ごろ。

30時間あれば、十分に観光できます。

ウェルカムドリンクが時間内なら飲み放題

チェックインを済ませると、ウェルカムドリンクのサービスがありました。

場所は、1階のラウンジ。

豊富なソフトドリンクに加え、ビールやワインまで!!

しかも、18時まで何度でも利用可能。

すごいサービスです!!

バイキングのメニューが豊富

夕食も朝食も、バイキング形式でした。

和・洋・中とすべて食べきることは不可能なバラエティー。

好き嫌いがある方には、ありがたいと思います。

デザートだけでも、色々ありましたよ。

自分で作る、綿あめや、ソフトクリームなど。

立地が最高

ホテル&リゾーツ 長浜 -DAIWA ROYAL HOTEL-の場所は、長浜城の目の前。

そして、琵琶湖の目のまでもあります。

観光地である、黒壁スクエアまでは徒歩圏内。

竹生島に向かうフェリー乗り場も、すぐと大変便利。

また、電車で行くことも可能なので、車が運転できない方にもありがたいです。

ホテル&リゾーツ長浜の悪かった点

デメリット

個人的に気になった3点を、取り上げたいと思います。

  • エレベーターが少し待つ
  • お風呂が混雑
  • 共有スペースのエアコンが真夏は弱く感じた

エレベーターが少し待つ

私は、繁忙期のお盆に伺いました。(正確には、MAXの混雑時が少し過ぎた日)

エレベーターが3基あったのですが、混雑していたので、待ち時間がありました。

お風呂が混雑

お部屋の数に対して、お風呂はそんなに広くは無いので、混雑がありました。

洗い場の空き待ちをしていた人もいたほど。

温泉は露天風呂のみなので、時間が重なったため混んできて、ゆっくりはできませんでした。

エアコンの温度

お部屋の温度は問題ないのですが、共有スペースのエアコン温度が弱く感じました。

と言っても、これだけ温暖化が進んでいて、大箱のホテルだと中々厳しいのかもしれません。

ホテル&リゾーツ長浜の口コミ・感想のまとめ

目の前に琵琶湖と長浜城。

黒壁スクエアまでも、徒歩圏内。

竹生島へのフェリー乗り場もすぐ。

電車でもアクセスできるので、立地は抜群ですね。

バイキングのお料理の品数はものすごく豊富なので、お子様がいても安心。

個人的な総合評価

アクセス☆☆☆☆☆

お料理☆☆☆☆

お風呂☆☆☆

お部屋の清潔さ☆☆☆☆☆

では、良い旅を!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村
この記事を書いた人

中期・長期投資をしながら絵とブログを書いてる転勤族の妻。
HSS型HSP気質で生きづらさを感じる中、転勤とブログやデジタル画は、むいていると思っています。
・ブログ歴3年
・デジタル画歴3年
・投資歴8年
・42都道府県制覇
・年4~5回国内旅行
・年に1~2回海外旅行

全国のグルメ情報・旅情報・絵に関してのことならお任せください!
その他、ワードプレスを使ったブログの操作方法・Illustrator・NFT・投資についても書いています。

MAYUK0をフォローする
国内旅行
スポンサーリンク
MAYUK0をフォローする
MAYUK0 ILLUSTRATION
タイトルとURLをコピーしました