イラスト作成のご依頼と料金についてはこちら

ブログの記事がインデックスされない時の対処法 Instant indexingの設定について

インデックスの写真 ワードプレスやブログに関すること
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
MAYUK0
MAYUK0

どうもどうも。
MAYUK0です。

ブログを更新したのに、

全然Googleにインデックスされない(泣)なんて事ありませんか?

私は半年も前に書いた記事が一向にインデックスされず、

しかもそれが数記事もあり悩んでいました。

今までは、インデックスしたい記事のURLをコピーし、

Google Search Console に貼り付けてクローラーに促していましたが、

これでは解決しない記事ってあるんですよね。

今回は、確実にしかも早く新しい記事をインデックスしてもらう

方法についてまとめました。

それは、Instant Indexingというプラグインを入れる事です。

この方法を試したところ、

何をどうしてもインデックスされなかった記事が全てインデックスされました。

しかも、その日のうちにされるので大変便利です!!

MAYUK0
MAYUK0

今までの悩みは何だったのだろう…

ただし、Google公式サイトには以下のように記載されています。

求人やライブストリーム動画のような有効期間の短いページが多いウェブサイトの場合、Indexing API を使用することで更新を個別にプッシュできるため、検索結果に表示されるコンテンツを最新の状態に保つことができます。

引用元:Indexing API クイックスタート

個人のブログでの使用は本来ダメなのかも??という声がありますが、

私の体験と見解では問題ないと思っています。

以上の事を踏まえた上でやってみましょう!

スポンサーリンク

ブログをすぐにインデックスさせる方法、Instant Indexing導入の流れ

矢印の看板の写真

設定方法の大まかな流れはこちら

  1. Google Cloud Platformでサービスアカウントを作る
  2. Google Search Consoleと連携する
  3. プラグインInstant Indexing を導入する

この前に、Googleアカウントがない方は作成し

シークレットモードに設定はしないようにしておいてください。

Googleアカウントのシークレットモードとは?

シークレットモードとは、閲覧履歴やオンラインフォームに入力したログイン時のデータが自動的に削除されるGoogle Chromeの機能です。 パソコンのWebブラウザだけではなく、携帯端末のAndroidやiPhoneなどでもGoogleアプリをインストールすることによって使用できます。

Googleより引用

Google Cloud Platformでサービスアカウントを作る方法

Google Cloud Platformでサービスアカウントを作る為の工程は、

大きく分けて2つです。

  • APIの有効化
  • サービスアカウントを作る

APIの有効化

下のGoogle Cloud Platformのリンクにアクセスします↓

Google Cloud Platform

するとこんな画面になるので、

利用規約にチェックを入れて同意して続行をクリック。

グーグルプラットフォームの同意

続いてAPIとサービスをクリックし、ダッシュボードを開く。

右下のプロジェクトを作成をクリック。

Googleのplatform、プロジェクト作成

プロジェクト名のところを入力して作成をクリック。

(私は、自分のブログ名にしました)

プロジェクトIDはプロジェクト名と同じになり、変更はできないので

注意してください!

画面が切り替わるので、APIとサービスの有効化をクリック。

クラウドプラットフォームセット

次の画面がこんな感じ。

検索ルーペのところに、Indexing APIと入力します。

次の画面のIndexing APIを選択し、有効にするをクリック。

APIをクリック

これで、APIの有効化が終わりました。

サーチコンソールと連携するためのサービスアカウント作成

続いてサーチコンソールと連携するにあたって必要な

サービスアカウントというものを作っていきます。

左上のメニューをクリックし、

IAMと管理→サービスアカウントをクリック。

サービスアカウント

+サービスアカウントを作成をクリック。

ピンクの囲んだところを埋めて完了をクリック。

なお、青四角で囲んだサービスアカウントアドレスは後ほど使うので

忘れないようにメモしておきます。

サービスアカウント作成

作成するサービスアカウントにプロジェクトへのアクセス許可を

設定します。

ロールはオーナーを選択し、続行をクリック。

サービスアカウントのロール

次の画面は何もしなくても大丈夫なので、完了をクリック。

サービスアカウント完了クリック

次は右のをクリックし、鍵を管理を選択。

サービスアカウントの作り方

画面が変わります。新しい鍵を作成をクリック。

サービスアカウントの鍵

JSONを選択し完了ボタン。

サービスアカウントの完了画面

ファイルがダウンロードされるので、今後もしっかり保管してください。

この後のプラグイン導入の時にも使います。

スポンサーリンク

Google Search Consoleと連携する

次は、Google Search Consoleに連携します。

Google Search Consoleに入り、設定→ユーザーと権限をクリック。

サーチコンソールのうーざーと権限

こちらのウェブマスターセントラルをクリックし、ピンクの囲んだところの自分のURLをクリック。

ウェブマスターセントラルの画面

確認済みサイト所有者の画面に移ります。

『サイト所有者を追加』をクリックすると、メールアドレス入力画面になります。

ウェブマスター所有者

そこに、サービスアカウント作成で自動作成されたアドレス

「○○○○@○○○○.iam.gserviceaccount.com」(先ほどメモをしておいた)

を入力し、横の『続行』をクリック。

これでアカウントが追加されました。

プラグインInstant Indexing を導入する

MAYUK0
MAYUK0

いよいよ最後の行程

プラグインInstant Indexing導入です。

ワードプレスの管理画面を開いて、プラグインを追加します。

ワードプレスのプラグイン

プラグインの検索に『Instant Indexing』と入力して、有効化に。

ワードプレスのプラグイン追加

ワードプレスのinstant indexing

すると管理画面に、

Rank Mathというのが追加されました。

Rank Math→Instant Indexingをクリック。

rankmathのinstantindexing

こんな画面に変わります。

セットinstantindexing

ファイルを選択を押して、Google Cloud Platformで作ってダウンロードした

ファイルを選択します。

投稿にチェックを入れて全て完了です。

Instant Indexingの使い方とポイント

MAYUK0
MAYUK0

使い方は、すごく簡単です!

インデックスしたい記事のURLをコピーします。

次に、管理画面からRank Math→Instant Indexingをクリック。

rankmathのinstantindexing

画面の囲んだところにURLを貼り付けて、

Actionは1番上のまま、send to APIをクリック。

instantindexingの使い方

間違えて真ん中を選択しないようにしましょう!

削除になってしまいます。

インデックス方法はこれだけです!

ブログを更新した際は、

この方法でインデックスを促してみてください。

本当、おすすめです!

まとめていくつかの記事をインデックスかける時は、

ひとつURLを貼って1行あけてまたURLを貼ればできます。

使い方で注意したいのは、

インデックスしたい記事を1度更新してから、URLを貼ってかけてください。

リライトの必要はないので、ただ更新するたけで大丈夫です。

更新しないでやると、Instant Indexingでもインデックスされない事があるので。

これで以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

MAYUK0 ILLUSTRATION - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村
この記事を書いた人

中期・長期投資をしながら絵とブログを書いてる転勤族の妻。
HSS型HSP気質で生きづらさを感じる中、転勤とブログやデジタル画は、むいていると思っています。
・ブログ歴3年
・デジタル画歴3年
・投資歴8年
・42都道府県制覇
・年4~5回国内旅行
・年に1~2回海外旅行

全国のグルメ情報・旅情報・絵に関してのことならお任せください!
その他、ワードプレスを使ったブログの操作方法・Illustrator・NFT・投資についても書いています。

MAYUK0をフォローする
ワードプレスやブログに関すること
スポンサーリンク
MAYUK0をフォローする
MAYUK0 ILLUSTRATION
タイトルとURLをコピーしました